遠心力でどこまでも飛んでいきたい。

»損せず、得とれ。
»プロフィール

さっちゃん

Author:さっちゃん
名前:さつきさん ♀
1981年5月生まれ、札幌市在住。
草なぎ剛を1994年より愛で続け愛で続け今に至る。
メディア収集、ライブや演劇の遠征など手当たり次第何でもする派。
2012年に調子に乗って「感染管理認定看護師」の資格を取得。一風変わった働き方してます。
趣味:演劇・ライブ・映画観賞、遊郭跡観賞、銭湯お遍路、雑誌や新聞などのファイリング作業
好きな食べ物:雪の宿

»当ブログの諸注意
初めて来た人はここを読んでね。
»カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
»お・れ・た・ち!
奴の遠心力に振り回されている人達を集めてみました。
»月別アーカイブ
»最新記事
»みんな、アニキが大好きさ!
»カテゴリ
»おっす。

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

あいつが落としたシャランラ拾って、うちに帰ろう。

2013-04-30 (Tue) 23:15
1f8630f4-s.jpg

♪シャランラ シャランラ ヘイヘヘヘヘーイ
シャランラ~!
キラキラキラキラキラ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(*′▽`*)。゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*


萌えだ萌えだワッショイワッショイ!!!!!!!!

魔女ッ子剛の10年後はシャランラ剛かよおおおおおおおおおおうおおおおおおおおおおおおお!!!!
(※ちなみに「シャランラ剛」の命名は今回終演後に一緒に飲んだ姐さん発です)

いや~~~~!!!楽しかった!!!!!!!楽しかった!!!!
最高。最高。満足。いや、あれは萌えだろww萌えの極地だろw萌えが服着て歩いてるようなもんだろw
私が見てみたい剛の姿そのものだったんだよなあ。今回のスクネ様は。
ということで、迷うことなく、全力萌え一本道を疾走したい。イージーライダーばりに走り抜けたい。
このような所存で、わたくしは今回の『二都物語』を歴史に刻みたい。
オレに親はいなーーい!!オレはただのスクネだ!!!
ほんと・・・あいつ・・・ううううううううう

いや、しかし今回の感想は難しいぞw!!
なぜならあの風貌!目くらまし!
あのビジュアルに萌えすぎたせいでストーリーが頭に入ってこない、と言っていた友達もいるしな。
うむ。確かに。
冷静なコメントをいくつかもらったし、私の友達も「確かに萌えるけど!萌えるけど、物語のつめが甘い!」って言ってたしな。“「草なぎ剛のかっこよさをひたすら感じたい、二の腕の筋肉をひたすら愛でたい」というアイドルファンにはたまらない時間でしょうね。”とのコメントをもらったが、これにも大変頷けるものがある。
ここは剛を“オーヴで光り輝くスーパーアイドル様”と捉えたいか、“日本の誇る名俳優・草なぎ”、と捉えたいか
この思想の違いが深く関与している気がする。
前者はこの舞台をどう観たか、後者は。もしかしたら感想がまったく違うかもしれない。
たとえば、剛ファン100人集めて議論したら・・・間違いなく闘争起きるぜw
それだけ、ファンひとりひとりの中で見ていたい剛の姿ってのはたくさんあると思うんだ。
だから、ぼくスマップの活動もあるんで稽古時間が足りないんれすよ~キャピピッ っつってる草なぎに
かわいいなコンニャロって思う人もいれば、チッッ!練習しろよボケェェと思う人もいる。

私はね、中間なんすよ。イッツ、オールマイティ。だいたいどんな草なぎでも萌え、興奮し、感動する。
このポジはけっこう楽でいいw
あのでかい会場で、あの姿は、まさに「草なぎ剛のかっこよさをひたすら感じたい、二の腕の筋肉をひたすら愛でたい」私にとっては大満足できるものだったのだ。
で、個人的にはストーリーも好き。いいじゃない。わかりやすくてw
あの台詞、全編宇宙語でもストーリーわかるよ。四季のLK的だよ。
いや、むしろあんなでかい箱でコンテンポラリーダンスとかわっけわかんないものやられたらそれこそやだわw(なんせアンチコンテンポラリーダンス)
そう、だからこれは、エンターテイメント。ある種、ショーを楽しむ感覚でいいんだと思う。
いや、だからといって、後者を否定しているのか、というとそういう訳ではない。
サクヤからは、あなたが一言、好きだと言ってくれたなら私は・・・っつーか言ってよ!言えよこの意気地無し~~!!
スクネ様からは、あーもーオレのバカバカバカ~!!花!花見て!もっかい持って来たから!
踏まれる花の痛みとか言ってるおれ、見て!!かっこいいでしょ!惚れるでしょ!惚れろよバカヤローー!
なんて声が余白の中から聞こえて仕方がなかったよ・・・。
馬鹿なふたり。悲しいほどに。そんな悲しい生き方、私は絶対しないからなー!と誰かわかんないけど言いたくなったぜ。
セッポコも何考えてるかわかんないし。あいつ、絶対スクネちゃんに別のこと吹き込まれてんだぜ・・・やだわ、ちょっと卑猥なこと想像した。
変な薬のせいで、ってことで強引に話進めてるけどさーー、ほんとは違う何かがあるんじゃないのか。そうだろ?
あと、抜群によかったのはトヨだね。声も抜群に通ってて、破壊していく様がすごく面白かった。
むちゃくちゃおいしいじゃん、あの役w羨ましいーーー(何が)
素晴らしい女優さんなんだな、須藤理彩って・・・。前回の馬渕英俚可に続く再発見だな-。
そしてそして・・・クコチヒコ様。最後のあのシーン、これも私が観た全五公演の中だけでも日々違っていたし、
回を追う毎にどんどん胸を打つものになっていったよ・・・。
・・・いるよね、頭はいいけどいざしゃべれってなったら全然だめな人・・・。
不器用でいつも損ばかりしてる人。生き方が下手な人。ううううう・・・
ただ、ところどころ説明くさいのなw台詞がw
「おれの身代わりになったんだ~!!」とか、言わなくてもわかるwむしろ言うなそれをーーw!
ってあの一瞬ちょっとだけ恥ずかしくなったわ。
でも直後の処刑のシーン、私、スクネサマと同じ顔してたと思うw
それだけ夢中になって観ていた気がする。
私は初日らへんを知らないけれど、少なくとも私が観たものは素晴らしかった。
舞台は日々進化していくもの。今回、一緒に舞台を観た友達は初日以来の観劇だったのだけど
「初日と全然違う!!」と涙してたし、さらに先ほど、先週放送されたBSフジの特番みたけど、おそらくゲネかその辺の映像がほんの数シーン流れてたけど、あれだけでも私が観てきたものとは違ったよ。
(そんなちょっとしたシーンでそんなに違うのか、と逆に突っ込みたくなるが我慢)
地方の姐さん方、舞台はな・・・・・三週目が見頃だw!あいつは三週目にノッてくるんだw



で、最後のモーセの杖方式カテコに泣けた。
海が割れるように出演者がパカーッ割れて降りてきたスクネ様の姿見たら
「・・・・立派になって・・・・・ううううううう」ってなってた。自分。
親心通り越してもはや祖母心レベル。すげーいいカテコだったよ。
2000席の劇場自体、少ないわけで、そんな箱でやれる俳優ってのは相当限られてるわけで、それを連日満員にして、そして最後にモーセの杖。そら、19年ファンやってる者からみたら、こうなるわ。
来年、ファン歴20年。ひとりアニバーサリーだわ。
ちなみに28日の終演後は6時間に及ぶ草婆ナイトin新宿ロフトワンプラス。嘘。in渋谷パルコの上の居酒屋。翌日の私達的最終公演後は神保町で昔の草なぎ救出作戦(←草なぎに関する昔の雑誌や買い逃した物などを神保町の古書店で探すこと)が決行され、舞台とともに楽しい楽しい4日間が終わったのでありました。
あー楽しかったww!ほんと。遊んでくれた友達よ!ありがとう!

それにしても、なぜ君はいつでもカテコでスキップ退場するのか。



っつーか、じゅんさんの今後が心配でならない。
じゅんさん!その子は魔性の子だよ!!気をつけて~!
スポンサーサイト
あいつがスクネちゃん | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。