遠心力でどこまでも飛んでいきたい。

»損せず、得とれ。
»プロフィール

さっちゃん

Author:さっちゃん
名前:さつきさん ♀
1981年5月生まれ、札幌市在住。
草なぎ剛を1994年より愛で続け愛で続け今に至る。
メディア収集、ライブや演劇の遠征など手当たり次第何でもする派。
2012年に調子に乗って「感染管理認定看護師」の資格を取得。一風変わった働き方してます。
趣味:演劇・ライブ・映画観賞、遊郭跡観賞、銭湯お遍路、雑誌や新聞などのファイリング作業
好きな食べ物:雪の宿

»当ブログの諸注意
初めて来た人はここを読んでね。
»カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
»お・れ・た・ち!
奴の遠心力に振り回されている人達を集めてみました。
»月別アーカイブ
»最新記事
»みんな、アニキが大好きさ!
»カテゴリ
»おっす。

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

運転席の中居さん・助手席のたっきゅん

2013-04-23 (Tue) 00:12
どうも、4月8日に頭パーンなって未だに完治してない者です。
あまりに頭パーンなるから何とかしようと僕ある最終回見返してさらに頭パーンなった。
いらんことして萌えを加速させて死に急ぐ奴。
「創業700年ってすごくねー?すごいボロいんじゃない?リフォームしてるでしょー700年前なわけないでしょーリフォームしてんじゃん全然700年前じゃねーよ」の一連のくだりが、修学旅行のバスの最後尾の五人がけの席で悪ノリする頭悪い男子高校生みたいでむちゃくちゃ面白い。
未だに毎晩のUSJと薔薇と朝霧通いが止まらない。牡丹と。
ほんと重症だわ、自分。
初めて推薦受けて学会誌への投稿をすることになったのだが、論文全っっっ然書けねえ。
仕事にならねえ。どうしてくれんだよSMAP。生活に支障きたしてるわ。
っつーか私の萌えメーターが完全に振り切ってバイーーンってなってるんだが
こんな精神状態でスクネ様を受け止められるのかw?私、しんじゃうw
ヒカリエで五臓六腑吐き出さないよう気をつけるわ。

いや、話は足袋スマに戻るんだが、しっかしあれだよなー。
夢?夢なのこれ?何?私、夢見てんの?世界平和?ぐらいの企画だったよな-。
思い返すと怖いわー。スマヲタ至上最大の珍事だわー。
何、何なの?あいつら何なの?うちらに何しようとしてんの?どうすんの?これから。これ以上何がある?
DVD発売署名集める?いや、十分フラグ立ってるわ、これは任せて泳がせとけばいいわ、じゃあなんだ?何がある、これ以上の何が・・・とここ二週間ばかり、ひとりで勝手に悶々と考えて考えて考え抜いてひとつだけ閃いたことがある。
今年のスマコンで(あること前提。それ以外は認めない。)これをやるのだ。これをやればいいのだ。



ツートップオンステージ




ツトプだけの曲を一曲作る。激しく、色気ダダ漏れな感じで。
この時だけはパリピアにはおとなしく引っ込んでてもらう。
ツトプが踊る。ツトプが歌う。ツトプが絡む。ドーム中に阿鼻叫喚・死屍累々。
これだ。次に我々が見ている夢を具現化させる術はこれだ。

思い返せばツトプだけの歌でライブ披露は今まで前例がない。
アソングはパリピアがウロチョロしてしまう。
「切なさが痛い」はライブでやってない。
夢モリライブのチャゲアスのものまねは認めないw
それ以前のものはわからん。が、たぶんない。いや、ない。

ツトプが絡むと瀕死の重傷を負うのは何も中居担やたっきゅん担だけじゃない。
普段は草婆でもツトプが絡んだら「アヒャーーー!!」ってなる人もいる。
彼ら自身もそれは十分に認識しているはずだ。
SMAPという舟があったなら、先頭でオールを漕ぐのはたっきゅん、後ろで舵取りするのは中居さんだ。
我々もその舟の横で併走しているボートのようなものだ。
でも実際のツトプは運転席の中居さん、助手席のたっきゅんだ。
これがスマの縮図だ(←意味不明)。
そしてツトプは今年仲良く41歳だ。いい年だ。わかってくれるだろう。
あそこまでやってくれた彼らにできないことは、もうない。
吾郎さんの舞台も息せき切って初夏には終わる。あいつら、きっと準備をしてるんだ。
足袋スマを越える、新たな聖域に今こそ踏み込むのだ。
いざ参らん、ネクストステージ。
よし、決めた。これをサムガに送る。
ワッツに送ってもたっきゅんが「ひゃはっ!」って言うだけで終わりそうだから、ここは丁重にサムガに。

絡まぬのなら、絡ませてみようツートップby秀吉
スポンサーサイト
おりこうさんSMAP | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。